ブログ

  1. 3Dマイホームデザイナーに用意されていないパーツをパースに使いたい時のいくつかの対処方法について

    3Dマイホームデザイナーに用意されていないパーツをパースに使いたい時のいくつかの対処方法について

    3Dマイホームデザイナーの良いところは、住宅やインテリアのプランニングを手間なく行えるように、3Dモデルや壁紙・床材などの素材が5万5千点以上(有料データセンター分含む)用意されていること。

    続きを読む
  2. Just Press Record

    アイデアの後ろ頭はハゲ!?とっさの思い付きを瞬時に記録するためのおススメアプリはこれです!

    「チャンスは前髪をつかめ!」と言います。チャンスの神様には前髪しかないから、うかうかしている間に通り過ぎると、そのチャンスをつかみ損ねますよ、というような意味です。ぼくは、アイデアも同じだと思っています。

    続きを読む
  3. LiDAR Measuring

    iPhoneがコンベックス、いやいやレーザー距離計になる?アプリ「LiDAR Measuring」をテストしてみた。

    リフォームやインテリアコーディネートの仕事にコンベックス(巻き尺)は必須のツールですよね。でも、コンベックスって小さいくせにけっこう重いものですから、プライベートの外出で持ち歩くのは、ちょっと億劫です、というかプライベートにもコンベックスを持ち歩く人って、マニアックすぎかも。

    続きを読む
  4. リフォームプレゼン、3Dマイホームデザイナーシリーズなら30分でここまでできる

    マンションリフォームの提案、3Dマイホームデザイナーシリーズなら、30分でここまでのプレゼンパースが作れます

    古いマンションをリフォーム・リノベーションして、おしゃれな部屋に生まれ変わらせる。ストック住宅活用として、人気のある手法です。

    続きを読む
  5. マイホームデザイナーは、初めてでもなんとなく操作できて知恵と工夫でなんとかなるツール、それだけに習得が難しい

    マイホームデザイナーは、初めてでもなんとなく操作できて知恵と工夫でなんとかなるツール、それだけに習得が難しい

    3Dマイホームデザイナーシリーズ、3Dアーキデザイナーシリーズなど、メガソフトの一連の3Dソフトは、いずれも共通の操作体系を持っています。【ナビパレット】左端にある「ナビパレット」は、「ナビ」という名前の通り操作をナビゲーションしてくれるメニュー構成になっています。

    続きを読む
  6. Craft

    保護中: インテリアコーディネーターは常に情報収集に努めるものですが、「Craft」は、集めた情報を整理するのに最適なiPadアプリのひとつです。【LINE友だち限定公開中】

    インテリアコーディネーターたるもの、常に情報へのアンテナを立てておくべし!ということで、インテリアコーディネーターのみなさんは、日々、様々な情報を吸収されていることと思います。しかし、現代は、江戸時代の1年分の情報をたった1日で受け取っているという情報過多の時代。

    続きを読む
    • コメントを読むにはパスワードを入力してください。
    • ICIT
  7. 3Dマイホームデザイナーでゾーニング提案

    マイホームデザイナーをゾーニング提案ツールとして使う

    3Dマイホームデザイナーシリーズは、「3D」と名前についているだけに、3Dでパースを描くソフト、というのが一般的な認識です。だから、「3Dとか私には難しそう」「私は手描きパースの人だから私には関係ないソフト」と思ってしまいがち。

    続きを読む
  8. マイホームデザイナーはどれを選べばよいのか?

    メガソフト社のマイホームデザイナーシリーズは、最上位の3Dアーキデザイナーから価格の安い家庭版の3Dマイホームデザイナー13まで、たくさんの種類が発売されています。

    続きを読む
  9. 家具だけのインテリア提案なら3Dマイホームデザイナーなどの3Dソフトはいらないのか?

    家具だけのインテリア提案なら3Dマイホームデザイナーなどの3Dソフトはいらないのか?

    インテリアエレメントには、壁材や床材・天井材、カーテン、照明器具など様々な製品がありますが、テーブルやソファなどの家具は買い替えや買い増しがしやすいものだけに、ニーズが多いものです。そして、家具を選ぶ場合、家具店で実物を見にいって質感や手触り、座り心地などを確かめることが基本です。

    続きを読む
  10. Affinity Photoセール

    Photoshop代わりに使える買い切りアプリ「Affinity Photo」の最大半額セールは今日までです!

    写真や画像を加工・編集するならやはりPhotoshop。3DデザイナーズスクールでもPhotoshopの講座はイチオシです。でも、Photoshopってサブスクリプションなんですよね。

    続きを読む
ページ上部へ戻る