ブログ

  1. Instagramがパソコンから投稿できるようになった

    Instagramがパソコンから投稿できるようになったので、3Dマイホームデザイナーのパースが出しやすくなりました

    インテリアコーディネートやリフォームの施工事例を発表する場として、Instagramは使い勝手の良い媒体です。そして、3Dマイホームデザイナーシリーズのパース作品を掲載する場としても、Instagramは最適です。お客様に、自身の仕事を手軽にご覧いただくという目的にも使えます。

    続きを読む
  2. アーリーアメリカンなトイレのインテリアコーディネートパース

    金物もインテリアのポイントです~「インテリアコーディネーターになった人が読む本」より

    坂野民枝さんの本「インテリアコーディネーターになった人が読む本」でインテリアコーディネーターの仕事を勉強しております。

    続きを読む
  3. 障子を発光させたパース

    Optimageレンダリングがイマイチなパースを何とかする方法~3Dマイホームデザイナーシリーズ~

    3Dマイホームデザイナーシリーズには、通常のリアルタイムレンダリング(3D表示)のほかに、より美しくリアルな照明表現が可能な「Optimageレンダリング」機能がついています。

    続きを読む
  4. PwoerSketch iPad版で作成した間取り図

    間取り図をiPadで描くにはどうすればよいのか?~その1~

    iPadはインテリアやリフォームの仕事に必須のツールである、と思っています。その理由の一つとして「お客様とのコミュニケーションを強力にアシストする」ツールであることを、前回の記事で上げました。

    続きを読む
  5. インテリアコーディネーターにおススメのiPadとは?

    インテリアコーディネーターにおススメのiPadはどのモデルなのか?

    3Dデザイナーズスクールでは、iPadでインテリアパースを描いたり、動画編集をする講座を開講しています。iPadは、インテリアのお仕事やリフォームのお仕事に、必須のIT機器だとぼくは考えています。なぜ、iPadがインテリア、リフォームの仕事に必須なのか?その理由を挙げてみましょう。

    続きを読む
  6. 補助光と手前のダウンライトの影を表示しないように設定したOptimageレンダリング

    モダンな和室をOptimageでレンダリングする時の照明設定について~3Dマイホームデザイナーシリーズ~

    昨日作成したモダンな障子を使って和室のパースを作成しました。せっかくなので、これをOptimageでレンダリングしてみることにしました。まず、リアルタイムレンダリングの画面ショットのパースがこちらです。

    続きを読む
  7. リアルタイムレンダリングのパース

    モダンな障子をカンタンモデリングで作ってみた~3Dマイホームデザイナーシリーズ~

    和室なんていらない、という人が多くなりましたが、一方で気軽にごろ寝ができるとか、心が落ち着くということで、畳ライフには、一定のファンがいるのも事実。琉球畳や新しいデザインの障子など、和室のスタイルも変わってきています。

    続きを読む
  8. iPadで動画編集するならInSghotがおススメ

    iPadで動画編集を始めるなら、この無料アプリがやっぱりおススメです。

    いまや、スマホのカメラ機能はほんとうにすごいです。先日発売されたiPhone13なんて、もう映画が撮れるレベル。というか、実際にiPhoneで撮られた映画も多数あるぐらいです。それほど進化しているので、インテリアや建築のPR動画もiPhoneで十分に業務レベルの撮影が可能です。

    続きを読む
  9. 動画日記を撮影する時に気を付けたいこと③~カメラをやたら動かさない~

    動画日記を撮影する時に気を付けたいこと③~カメラをやたら動かさない~

    写真は瞬間を切り取るものですが、動画は時間を切り取るもの。だからこそ、「動きを出したい」と思うのが人情です。ですが、「動きのある絵を撮ること」と「カメラを動かすこと」は全く違います。

    続きを読む
  10. 照明器具は光の演出家でもある

    照明器具の提案は、天井への配光も考えて~「インテリアコーディネーターになった人が読む本」より

    坂野民枝さんの本「インテリアコーディネーターになった人が読む本」でインテリアコーディネーターの仕事を勉強しております。

    続きを読む
ページ上部へ戻る