3D活用ブログ

  1. カメラアングルアプリの画面

    水平・垂直に撮れるiPhone用カメラアプリ「カメラアングル」はインテリア・建築写真の撮影だけでなく、3Dマイホームデザイナー用テクスチャの撮影には必須です

    インテリアや建築物の写真を撮るときに、まずは注意したいのが水平・垂直です。水平がしっかりとれていないと、傾いた不安定な写真になります。垂直がしっかりとれていないと、いわゆる「あおり」の入った写真になって柱や壁が斜めになった写真になります。

    続きを読む
  2. ピクサージュでレンダリングしたパース

    3Dアーキデザイナー11にバージョンアップしたので、まずはピクサージュを試してみましたが・・・

    メガソフト社の3Dアーキデザイナーが「11」にバージョンアップされました。クラウドライセンスのユーザーは無料でこの最新版にアップデートできるということで、さっそくダウンロードしました。

    続きを読む
  3. IKEAシーヴィク風ソファ

    IKEAの人気家具を3Dマイホームデザイナーで作る ~シーヴィク ソファ風3Dモデル

    3Dマイホームデザイナーシリーズにはソフトウェア内に1万点、インターネット上のデータセンター内に55,000点以上の3D素材が用意されています。しかし、「そんなにあれば十分!」というわけには当然ながらいきません。

    続きを読む
  4. 【バルコニー側から玄関方向を見る】

    廊下のないマンションって?というような時も、3Dマイホームデザイナーシリーズのパースで提案すれば簡単にイメージしてもらえますね!

    先日、Yahooニュースで「もう家の中に廊下は要らない。」という記事を見かけました。コロナ禍で在宅ワークが増えるようになり、家の中に仕事スペースを作るニーズが増えていますが、その場所を確保しつつ居住スペースを広くする手法として、室内廊下を作らない間取りが最先端のムーブメントになっているとのこと。

    続きを読む
  5. 納谷澄江さんのインテリア3Dパース作品

    インテリアコーディネーターのためのカンタンPhotoshop講座を受講された方からステキなパースが届きました!

    3Dデザイナーズスクールでは、インテリア・リフォームの仕事に役立つデジタルツールの活用ノウハウを習得するための講座を幅広く開講しています。カンタンPhotoshop講座もその一つ。Photoshopといえば写真加工ソフトのイメージが強いですが、3DCG画像も写真と同じように加工ができます。

    続きを読む
  6. arflexブール風ソファ

    arflexブールっぽいソファを3Dマイホームデザイナーで作ってみました

    Facebookで、「3Dマイホームデザイナーでarflexのブールソファを使いたいけれど、3Dデータがない」という投稿を見かけました。

    続きを読む
  7. 3Dマイホームデザイナーで傾斜地に建つ家を作る

    3Dマイホームデザイナーで斜面に建つ家を作る

    3Dマイホームデザイナーを10年以上使っているという方から、当ブログにコメントをいただきました。長年使っているけれど、斜面に建つ家や道路より下の敷地にある家をうまく作れない、とのこと。斜面に建つ家の作り方って、マイホームデザイナーの解説書にも、ほとんど載っていないんですよね。

    続きを読む
  8. 3Dマイホームデザイナーシリーズで使える無料のテクスチャーダウンロードサイトを見つけました。

    3Dマイホームデザイナーシリーズで使える無料のテクスチャーダウンロードサイトを見つけました。

    このブログでは、実在メーカーの壁紙テクスチャをダウンロードできるWebサイトを紹介しているのですが、3Dマイホームデザイナーシリーズで使えるシームレス加工されたテクスチャを無料で配布しているすてきなWebサイトを見つけたので、ご紹介いたします。

    続きを読む
  9. 2021年7月28日に追加されたフレイスの家具一覧パース

    マイホームデザイナー・アーキデザイナー用としてメガソフトデータセンターに新しい家具ブランド「フレイス」のパーツが追加されました

    昨日、メガソフト社のプレスリリースで発表されていましたが、データセンターに新しいブランド家具が追加されるとのこと。オフィス・パブリックスペースなどのコントラクトマーケット向けに展開する「フレイス」の家具で、今回は50点がデータセンターに収録されるそうです。

    続きを読む
  10. 3DアーキデザイナーのOptimageレンダリング結果

    3Dマイホームデザイナーと3DアーキデザイナーではOptimageレンダリングが微妙に違います

    3Dマイホームデザイナーシリーズには、Optimge(オプティマージュ)という高画質レンダリングが搭載されています。インターネットを通じて、メガソフト社のレンダリングサーバーでレンダリングするので、高品質かつ高速に建築・インテリアパースを作成できるのが特徴です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る