ブログ

3Dアーキデザイナー11の新機能、ピクサージュ、テクスチャを変更したらめっちゃいい感じになりました。

ピクサージュ収録テクスチャ使用でテスト夜

前回、3Dアーキデザイナー11の新機能「ピクサージュ」ファーストインプレッションについて書きました。

とりあえず手持ちの3DマイホームデザイナーPROのデータを使ってテストしたのですが、リアルタイムレンダリングの表示とかなり違う表示になってしまって、使うのが難しいかな、という印象でした。

その時、外部取り込みのテクスチャを使ったからかな?と思ったので、今回は同じデータを使って、3Dアーキデザイナー11に収録されているテクスチャを使って再テストしてみました。

すると、なんということでしょう。前回とは全然違って、かなり見栄えのよいレンダリング結果を得ることができました。
やはり、使うテクスチャによってピクサージュの表現は大きく違ってくるようです。

こちらが前回のリアルタイムレンダリングとピクサージュの表現。

従来のリアルタイムレンダリングの見え方
【リアルタイムレンダリングによる表現】
ピクサージュでレンダリングしたパース
【ピクサージュによる表現】

こちらが今回テクスチャを再設定したリアルタイムレンダリングとピクサージュの表現。

【3Dアーキデザイナー11収録のテクスチャを使ってリアルタイムレンダリング】
【3Dアーキデザイナー11収録のテクスチャを使ってリアルタイムレンダリング】
【3Dアーキデザイナー11収録のテクスチャを使ってピクサージュレンダリング】
【3Dアーキデザイナー11収録のテクスチャを使ってピクサージュレンダリング】

ピクサージュは夜の表現もとてもいい感じにしてくれます。

【3Dアーキデザイナー11収録のテクスチャを使ってピクサージュで夜の表現】
【3Dアーキデザイナー11収録のテクスチャを使ってピクサージュで夜の表現】

ちなみにこれをOptimageでレンダリングしたものがこちらです。

【3Dアーキデザイナー11収録のテクスチャを使ってOptimageで夜の表現】

さらにピクサージュの良い点は、この画質のままウォークスルーしたりムービーを作成したりできること。

ピクサージュのレンダリングで動画を作ったのがこちらです。

リアルタイムレンダリングで作った動画はこちらです。

余談ですが、アーキデザイナーの自動ウォークスルー機能は3DマイホームデザイナーPRO9にくらべて、めちゃめちゃ機能強化されています。
この動画のようにゆっくりとしたカメラの動きが自動ウォークスルー動画で表現できるのは3Dアーキデザイナーならではです。

3Dアーキデザイナー11のピクサージュ、使いこなし次第で強力なプレゼンツールになりそうですよ。

ちなみに、照明を調整してOptimageレンダリングしたあと、iPadアプリ「Affinity Photo」でもろもろ調整したのがこちらです。

【OptimageでレンダリングしてAffinity Photo for iPadでレタッチ】

自分好みの表現をしたい場合は、Optimageレンダリングが有効と言えそうです。

従来製品の3DマイホームデザイナーPRO、3DインテリアデザイナーNeoの講座、ご希望の日時にマンツーマンで学べるスタイルで開講中です!

マイホームデザイナー基礎講座
【マイホームデザイナー基礎講座】
西脇功の3DインテリアデザイナーNeo基礎講座【入門者向け】
【インテリアデザイナーNeo基礎講座】

3Dデザイナーズスクール公式LINEでは、毎週月曜日にiPadや3Dパースのノウハウ情報を配信しています。また、各種セミナーのLINEメンバー先行予約などのお知らせも行っております。3D&iPad活用ブログの更新状況確認にも便利ですので、LINEをしている方はぜひご登録ください。
ご登録は下記の「友達追加」ボタンで簡単にできます。

友だち追加

電子メールでのご連絡、お問い合わせは info@tenshinojikan.jp からお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最新情報をお届けする公式LINEの登録はこちらから!

友だち追加

ページ上部へ戻る