ブログ

iPad用写真加工アプリ「Affinity Photo」で作ったテクスチャを3Dアーキデザイナーで使ってみました

ピクサージュでレンダリングした外観パース

先日、水平・垂直を確認しながら写真が撮れるiPhone用カメラアプリ「カメラアングル」の紹介とあわせて、散歩中に撮影した擁壁のコンクリートパネルを、iPad用写真加工アプリ「Affinity Photo」でテクスチャ化する様子を紹介しました。

今回は、Affinity Photoで作成したテクスチャ用写真を、3Dアーキデザイナーに取り込んで、ピクサージュ、通常リアルタイムレンダリング、Optimageレンダリングしてみました。

冒頭の3Dパースは、Affinity Photoで加工したコンクリートパネル写真を3Dモデルの外壁にテクスチャとして取り込んで、ピクサージュでレンダリングしたものです。
遠目にもなかなかリアルなデザイン外壁になっていると思います。

これをアップにしたパースがこちらです。

ピクサージュでレンダリングしたアップのパース

アップで見た方がよりリアルに見えますね。

同じアングルで、通常のリアルタイムレンダリングしたパースがこちら。

ノーマルのリアルタイムレンダリングのアップのパース

これはこれで、しっとりとした雰囲気が出ていてよい感じです。

ついでにOptimageでレンダリングもしてみました。

Optimageでレンダリングしたアップのパース

色味的にはこれがいちばんオリジナルの写真に近いようなきがします。

ちなみに、オリジナルのコンクリートパネルはこれです。

オリジナルのコンクリートパネル写真

今回、Affinity Photoで作成したコンクリートパネルのテクスチャデータ、無料のダウンロードコーナーに登録しましたので、よろしければ使ってください。

3Dデザイナーズスクール公式LINEでは、毎週月曜日にiPadや3Dパースのノウハウ情報を配信しています。また、各種セミナーのLINEメンバー先行予約などのお知らせも行っております。3D&iPad活用ブログの更新状況確認にも便利ですので、LINEをしている方はぜひご登録ください。
ご登録は下記の「友達追加」ボタンで簡単にできます。

友だち追加

電子メールでのご連絡、お問い合わせは info@tenshinojikan.jp からお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新情報をお届けする公式LINEの登録はこちらから!

友だち追加

ページ上部へ戻る