ブログ

3DマイホームデザイナーPRO10の新機能をアーキデザイナー11で検証する〜ガラスブロック

ガラスブロックのあるお風呂Optimage

3DマイホームデザイナーPRO10の新機能で、インテリア提案として魅力的なものが「ガラスブロック」作成機能です。

ガラスブロックって、こんなやつのこと。

ガラスブロック

3DマイホームデザイナーPRO10では、建具作成機能の一つとして、このガラスブロックを作る機能が追加されました。

建具作成ウィザードの中にガラスブロック窓作成機能がある

このガラスブロック作成機能を使えば、ガラスブロックのサイズ(115角、145角、190角、300角の4種類)、枠の幅、ブロックの配置数を任意に設定して、オリジナルのガラスブロックが簡単に作成できます。

ガラスブロックの色を任意に設定できる。

ガラスブロックの色や模様もいろいろと用意されています。
お風呂場にこんなガラスブロック窓を配置するのもなかなかいい感じです。

ガラスブロック窓のあるお風呂

ただ、この色設定、作成するガラスブロック全部に一気に適用されてしまいます。

色やテクスチャはすべてのブロックに反映してしまう。

これはちょっと残念です。
だって、こんな風になっちゃいますから。

緑色のガラスブロック窓のあるお風呂


ガラスブロックってこんな風にデザインされるものもけっこうありますよね。

デザインされたガラスブロック

では、こんな色違いのガラスブロック窓って作れないのでしょうか。
ということで、3Dデザイナーズスクールで、やり方を研究しました。

一つは、いろんな色のガラスブロック窓を作って、それを高さを変えて壁に配置する方法。

もう一つは、パーツを改造する方法です。

色違いのガラスブロック窓を作ってみる。

右のガラスブロック窓が、色の違う三つのガラスブロック窓を立てに並べるという方法。
そして、左のガラスブロック窓が、パーツを改造する方法です。

パーツを改造するほうが、ガラスブロック窓の枠に違和感がなくてよさそうです。

ということで、工夫次第でこのガラスブロック機能、いろんなレイアウトデザインを作って、インテリアデザインに使えそうです。

こんなパーツの改造などのテクニックも学べる、マンツーマンの講座「3Dマイホームデザイナー徹底習得講座」を開講しています。
最短60日で、3DマイホームデザイナーPROの基本機能を習得しませんか?

マイホームデザイナー徹底習得講座

関連記事

プレゼント付き公式メルマガ

ポートフォリオWebの作り方プレゼント
ページ上部へ戻る