ブログ

竣工写真、天気が悪くても大丈夫!photoshop cameraならいつでも快晴です!

Photoshop cameraでいつでも快晴の写真に!

冒頭の写真、とても気持ちのよい青空ですよね。
思わずお出かけしたくなる気分になってきます。

でも、この写真を撮った日、実はどんよりと曇っていたのです。
その時の本当の空は、このようでした。

どんよりしていた実際の風景の写真

なんだか寒々しい雰囲気ですよね。

このどんよりした写真を、冒頭のような青空写真に一瞬で変えてしまう魔法のツール、それがiOS用アプリ「photoshop camera」(アドビ社製)です。
※Android版もあります。

使い方はとてもシンプル。
青空にしたい写真を読み込んで「ブルースカイ」レンズを選ぶだけです。

どんよりとした曇り空の写真
左下の「レンズ」から「ブルースカイ」を選ぶだけで
瞬時に曇り空が青空に変わります。

空の部分はphotoshop cameraのAI機能が自動的に判断してくれるので、まったく手間がかかりません。

空の種類もたくさんあるので、雰囲気に合うものを選べます。
実写の写真だけでなく、3Dデザイナーシリーズの建築パースに使うのもありですね。

3Dデザイナーシリーズの外観パース装飾にも使えます
3Dデザイナーシリーズの外観パース装飾にも使えます。
こんな動画が作れるレンズも用意されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る