ブログ

正式名称を覚えておくと、テクニカルサポートをスムーズに受けられます!

正式名称を覚えましょう

3Dマイホームデザイナーシリーズを購入した人は、操作テクニックを独学で勉強される方が多いです。
3Dマイホームデザイナーシリーズは、誰もが分かりやすい操作方法を目指して開発されたものなので、独習のしやすいソフトだといえます。
ただ、自分だけで操作方法を習得する場合、あまり気にしないで進めてしまうのが、「操作画面の正式名称」です。
名前なんて覚えなくても操作はできるのですが、自分以外の人に操作テクニックを伝えたり、誰かに操作方法を聞いたりする場合は、操作画面の名称が統一されていないと、うまく伝わらないことがあります。
例えばメガソフトのテクニカルサポートに問い合わせるとき。
「画面の上の方の右の方の・・・」
というよりも、
「『ツールバー』の右の方にある『形状作成ツール』の中の・・・」
と言った方が間違いなく伝わります。
逆にサポート担当者から
「操作画面でパーツをクリックして『シフトパッド』の『プルダウン』メニューから・・・」
と言われたときにも、正式名称を知っているとすぐにわかります。

あまりにも基本的なことですが、思いのほか大事なこと。
それが、正式名称を覚えること。

3DインテリアデザイナーNeo基礎講座では、この正式名称を覚える、というもっとも基本的なことから講座がスタートします。
購入したばかりだけれど、短期間で基本を身に着けたい人。
そこそこ使っているけれど、基礎から一度しっかり学びたい人。
そんな方に、3DインテリアデザイナーNeo基礎講座はぴったりのコースです。

西脇功の3DインテリアデザイナーNeo基礎講座【入門者向け】
3DインテリアデザイナーNeoを基礎から学びたい人にぴったりの講座、できました!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る