ブログ

iPad、iPhoneの「フリーボード」がインテリアプレゼンテーションのスタイルを激変させるかもしれない

iPad、iPhoneの「フリーボード」がインテリアプレゼンテーションのスタイルを激変させるかもしれない

iOS(iPad OS)16.2では、「フリーボード」というアプリが新しく追加されました。

このフリーボードというアプリ、簡単にいうと、無限に広げていける電子ホワイトボード、というものです。

ホワイトボードなので、文字やイラストをペン(Apple pencilや指)で書き込めます。

フリーボードなら、手書きでいろいろ書き込めます

写真やイラストを貼り付けることもできます。

フリーボードなら写真や画像を貼りこめます
【これは青空の写真に、ミー文字を「被った」僕の画像を重ねたものです】

つまり、間取り図やインテリアパースを貼り付けられます。

【外観パース、インテリアパース、ウォークスルー動画、間取り図、写真、何でも貼れます】
【外観パース、インテリアパース、ウォークスルー動画、間取り図、写真、何でも貼れます】

文字(テキスト)を書き込むこともできます。

図形も入力できます。

動画だって貼り付けられるのです。

そして、書き込めるエリアは無限に広げていけます。

【書き込めるエリアは無限に広げていけます】
【書き込めるエリアは無限に広げていけます】

これだけでも、ものすごく使いやすいメモアプリなのですが、このフリーボードがすごいのは

iPhone、iPadユーザー(iOS16.2を使用している)同士で、簡単に共有できるのです。

すなわち、このフリーボードで作成したプレゼン資料を、お客様や取引先、施工業者が同時に閲覧できるということです。

閲覧できるだけでなく、書き込むこともできます。

なので、提案内容に対して、お客様が要望を書き込む、施工業者が質問を書き込むなどができます。

さらにすごいのは、この共有しての書き込み作業が、リアルタイムで行えるのです。

例えば、電話で打ち合わせをしながら、同じフリーボードに書き込みをして、視覚的に内容をすり合わせできるということです。

フリーボードにはFacetimeで共有相手を呼び出せる機能が内蔵されていますので、Facetimeビデオでテレビ通話しながら、フリーボードにお互いに書き込むこともできます。

そしてなんといっても、このフリーボード、iOS(iPad OS)16.2が動くiPhone、iPadなら誰でも使えるというのがすごいのです。

日本のスマホにおけるiPhone率は今でも50%を超えています。

なので、お客様や取引先、施工業者がiPhone、iPadを所有している確率はかなり高いということです。

これまでも、LINEを使ってパースや間取り図をお送りしてやりとりしたり、3Dプレイスやイエクラウド(3Dマイホームデザイナーシリーズの3Dデータをスマホで閲覧できる仕組み)でプランをお見せする、というインテリアコーディネーターさんやリフォームプランナーさんがいらっしゃいましたが、このフリーボードはiOS16.2が動くデバイス全てに無料でインストールされているアプリなので、これまでよりもずっと簡単にデータ共有ができるようになります。

インテリアコーディネート、リフォームプランのプレゼンの手法が根本的に変わる可能性を秘めているツールかもしれません。

このフリーボード、まだできたばかりのアプリですから、まだ不安定なところがあるのですが、今から使っておいて決して損はないアプリだと思います。

ぼくの環境だけかもしれませんが、作成したフリーボードに手書きデータがあると、
その手書きした部分が共有先からは崩れて見える、という不具合が発生しています。

【赤丸で囲った部分、手書きの文字が崩れてしまって読めません】

このフリーボードの使い方やデジタルプレゼンの手法を解説する無料オンラインセミナーを来年、1月に開催しようと思います!

開催日や開催内容など詳しくは当ホームページと公式メルマガでお知らせいたしますので、まだメルマガ登録をされていない方は、この機会に下記からぜひご登録ください!

公式メルマガお申込みページはこちら

公式メルマガお申込み

関連記事

プレゼント付き公式メルマガ

ポートフォリオWebの作り方プレゼント
ページ上部へ戻る