ブログ

話題のショートムービーを超簡単に作る~Canvaで動画づくり

Canvaでショートムービー

TikTokで火がついて、いまやYoutubeもFacebookもInstagramもショート動画が重要な発信スタイルになっています。

ショート動画がよいのは、

メディアとしての利点:多くの人に見てもらえる機会が増える

制作側の利点:作るのがカンタン、編集に凝らなくてもよい

のふたつの点です。

短い動画なので、ビデオ撮影ではなくて、スライドショー的なものでも十分、というのも制作の手間がかからないポイントになっています。

手間が少ないショート動画ですが、これをさらに手間なく作れるのが、Canvaの動画作成機能です。

ちなみに、Canvaは、Webサイトまで簡単に作れるようになっています。
インテリア、建築写真を気軽にWeb公開する方法を、「ポートフォリオWebサイトの作り方」という無料動画で解説しております。
この無料動画、絶賛プレゼント中ですので、ご興味のある方はこちらからどうぞ。

iPadで仕事を劇的に効率化するためのアイデア~タスク管理編~のコピーのコピーのコピーのコピー (1040 × 1000 px) (2)

さて、Canvaでショート動画を作るのは超カンタンです。

Canvaの動画テンプレート
【Canvaには動画用のテンプレートがたくさん用意されている】

Canvaには、あらかじめ動画を作成するためのテンプレートが各種用意されています。
・Youtube
・Instagramリール
・TikTok
などがあるのですが、ショートムービーの基本、縦動画ならInstagramリールを選べばよいでしょう。

テンプレートを選んだら、すぐに動画を作り始められます。
ここで、白紙から作ってもよいのですが、デザインが施されていてすぐに使えるテンプレートがたくさん用意されているのがCanvaの魅力。

これはというテンプレートを選んであげると、もうショート動画の骨格はできあがりです。

これをもとに、各ページに動画にしたい写真やパースを貼り付けます。

文字も適当に打ち換えましょう。
テンプレートを使えば、文字にアニメーション設定もされているので特になにもしなくても、おしゃれなスライドショー動画になります。

動画と動画のつなぎ目にエフェクトをかけるのもできます。

動画と動画の間の「+」マークをクリックするとこんなアイコンが現れるので、下の方のアイコンをクリック。

いろいろなつなぎ目の切り替え方法が用意されているので、気に入ったものを選びます。

テンプレートにはBGMもついているので、もうそのまま動画として保存すれば、ショート動画の完成です!

できあがった動画がこちら!
※ショート動画は埋め込みができないので、リンクでどうぞ。

https://youtube.com/shorts/NGuR4O_63aY?feature=share

関連記事

プレゼント付き公式メルマガ

ポートフォリオWebの作り方プレゼント
ページ上部へ戻る