ブログ

arflexブールっぽいソファを3Dマイホームデザイナーで作ってみました

arflexブール風ソファ

Facebookで、
3Dマイホームデザイナーでarflexのブールソファを使いたいけれど、3Dデータがない
という投稿を見かけました。

念のため探してみたのですが、3DマイホームデザイナーPROにも、3Dアーキデザイナーにも、メガソフトデータセンターにも、そしてSketchupのデータがたくさんそろっている3D warehouseにも、arflexのブールソファは見つかりませんでした。

3Dマイホームデザイナーシリーズは、製品内に1万点以上メガソフトデータセンターに55000点以上の3D素材が用意されていますが、インテリアエレメントはまだまだ使いたいものがそろっているとは言えません。

そこで、ないものは作ってみよう、ということで、arflexのブールっぽく見える3Dデータを作ってみました。

アルフレックスブール風ソファアルフレックスブール風ソファ
【アルフレックスブール風ソファ】

3Dマイホームデザイナーシリーズには3Dモデリングツールが搭載されています
このモデリングツールは、円柱、円錐、立方体、球体などを作るのは得意ですが、このブール風ソファのに使われているクッションのような三次元曲面を作るのは苦手です。
そこで、あらかじめ収録されている3D素材から、似たようなクッションを使っているソファモデルを探してきて、そのクッションを流用します。

クッション素材取り用データ
【クッション取りに使うための、収録されている3D素材の一例】

あと、座面のクッションも三次元曲面なので、これもArflexブールっぽいものを探してきて、座面だけをつかいます。

【座面取りに使うための、収録されている3D素材の一例】
【座面取りに使うための、収録されている3D素材の一例】

あとは、arflexブールソファのブールっぽさを感じさせる部分を3Dマイホームデザイナーシリーズのモデリングツールで作って、組み合わせればよいのです。
ブールっぽさをどの部分に感じるかは人それぞれだと思いますが、私はソファの底板、足、側板のデザインに注目して、それらを作成してみました。

【私がブールっぽさを感じたのは、この底板や、足、そしてくの字状の側板】
【私がブールっぽさを感じたのは、この底板や、足、そしてくの字状の側板】

底板は立方体で、足は円柱で、側板は押し出し形状で作成しました。
それらを組み合わせて完成したのが、こちらです。

【arflexブール風ソファの完成】
【arflexブール風ソファの完成形】

このarflexブール風ソファの制作時間は、50分ぐらい。
一度作ってしまえば、いろんなパースで使えます。
せっかく作ったので、このarflexブール風ソファの3Dデータを無料ダウンロードコーナーに掲載いたしました。
使ってみたい方は、下記からダウンロードしてみてください。

3Dマイホームデザイナー用フリーダウンロード素材
https://3dschool.jp/free-download/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新情報をお届けする公式LINEの登録はこちらから!

友だち追加

ページ上部へ戻る