ブログ

3DマイホームデザイナーPRO10の新機能をアーキデザイナー11で検証する〜本格的な和室を演出「真壁和室」

マイホームデザイナーPRO10の新機能「真壁和室」

和室を真壁で表現したい!

そういうご要望をユーザー様から多数いただいていたことは、メガソフト在職中から聞いておりました。

旧製品のマイホームデザイナーPRO9やインテリアデザイナーNeo3の真壁和室は、 3Dモデリングで板状のものを作成して、壁に貼り付けることで表現していました。

それが今回の 3DマイホームデザイナーPRO10・アーキデザイナー11では、ワンタッチで真壁和室が作れるようになったということで、早速試してみました。

通常、和室を立体化するとこんな風なパースができます。

マイホームデザイナーの普通の和室

これが、和室のプロパティで「真壁」にチェックを入れるだけで

真壁チェックボックス

こんな風に一瞬にして真壁の和室に変わります。

マイホームデザイナーPRO10の真壁和室

長押の位置は数値で変更できます。

長押の高さは数値で調整できる。
長押の高さが高くなった真壁和室

ただし、真壁和室にした部屋に、柱と重なる位置に襖を配置すると

真壁の柱が襖と干渉する

こんな風に襖に柱が干渉してしまいます。

これは困ったな、と思ったのですが、一旦、大壁の和室に戻して、襖を配置してから、真壁和室にチェックを入れれば、

襖を配置してから真壁チェックを入れると、襖のところに柱はでない

このように襖が設置されている壁には柱が配置されない、という仕様になっていました。

真壁和室を作るときは、先に建具を設置してから真壁オプションにチェックを入れるというのが手順ということになります。

柱や長押はテクスチャを変更することができるので、重厚なテイストの真壁和室を表現することもできます。

長押や柱の質感は変更できる

3Dデザイナーズスクールでは、3D建築CADソフト「3Dマイホームデザイナーシリーズ」の操作を効率よく学べるオンライン講座を開講しております。

3DマイホームデザイナーPRO徹底活用講座

関連記事

プレゼント付き公式メルマガ

ポートフォリオWebの作り方プレゼント
ページ上部へ戻る