ブログ

3Dアーキデザイナー11の新機能、手描き調間取り図を試す

アーキデザイナー11の新機能、色鉛筆・クレヨン調間取り図

3Dマイホームデザイナーシリーズは、簡単操作で3D建築パースを作成するツールとしてだけでなく、スピーディーに間取り図を作成するツールとしても優秀です。

そして、3DマイホームデザイナーPRO、3DインテリアデザイナーNeoには、間取り図を装飾する機能が搭載されています。

マイホームデザイナーPROの図面装飾機能

この間取り図装飾機能を一歩進めて、装飾した表現のまま間取り編集ができるようになったのが3Dアーキデザイナー。

新バージョンの3Dアーキデザイナー11では、この間取り図装飾に「色鉛筆」と「クレヨン」が追加されました。

アーキデザイナー11の新機能、色鉛筆・クレヨン調間取り図
【間取り図装飾、手描き(色鉛筆)】
【間取り図装飾、手描き(クレヨン)】
【間取り図装飾、手描き(クレヨン)】

どちらもふわっとした表現の間取り図になって、インテリア提案用の間取り図としてぴったりです。

こんなふわっとした間取り図だと、プレゼンボードへの掲載もふわっとした感じで表現したくなります。

そこでこんなプレゼンボードの作り方はいかがでしょうか。

まず、3Dアーキデザイナー11で作成した手描き(色鉛筆)表現の間取り図をイメージ保存します。

【手描き(色鉛筆)の間取り図をイメージ保存】

これをiCloud経由でiPadのAffinity Photoで開きます。
※Affinity PhotoはAdobe Photoshopと同じような画像加工ができ、2,700円で買い切りできるのが魅力のアプリです。

Affinity Photoのぼかし選択で間取り図を選択し、マスク機能を使って切り抜いて、PNGとして保存します。

【Affinity Photoのぼかし選択でマスクする】

それをアップル純正アプリのページレイアウトアプリ「Pages」に配置します。
間取り図と一緒にピクサージュでレンダリングしたパースも同じようにふわっと切り抜いてPagesに配置すれば、このような提案ボードができあがります。

Pagesで作成したリフォームプランプレゼンボード

3Dデザイナーズスクールでは、このように3DマイホームデザイナーシリーズとiPadを組み合わせて効果的なプレゼンができるようになる講座を多数用意しておりますが、3DやiPadの活用方法は千差万別。
そこで、あなただけの3D&iPad活用を、あなた専用にカスタマイズして伝授する「パーソナルサポート」コースを開始しました。

どんなことをしたいのか?
どんなことになやんでいるのか?

まずは無料相談をご用意しておりますので、お気軽にご連絡ください。

お申し込みはこちらから。

【3D&iPadパーソナルサポート】

10月の各種セミナーの一覧はこちらからどうぞ。その他のセミナーはこちらをご覧ください。

10月のセミナー一覧

3Dデザイナーズスクール公式LINEでは、毎週月曜日にiPadや3Dパースのノウハウ情報を配信しています。また、各種セミナーのLINEメンバー先行予約などのお知らせも行っております。3D&iPad活用ブログの更新状況確認にも便利ですので、LINEをしている方はぜひご登録ください。
ご登録は下記の「友達追加」ボタンで簡単にできます。

友だち追加

電子メールでのご連絡、お問い合わせは info@tenshinojikan.jp からお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新情報をお届けする公式LINEの登録はこちらから!

友だち追加

ページ上部へ戻る