ブログ

細かすぎて伝わりにくい、3DインテリアデザイナーNeo3ユーザーがNeo10にバージョンアップするべき理由 その1

間取りの反転コピー

メガソフトの「3DインテリアデザイナーNeo」シリーズは、インテリアコーディネーターやリフォームプランナーなど、主に内観パースでプレゼンテーションする業種の人にオススメの建築プレゼンテーションソフトです。

オススメの理由はたくさんありますが、一つだけ選ぶとすれば、3DCGソフトの知識が一切なくても3Dインテリアパースを誰でも作れること。
もちろん、パースのクオリティを上げていくには、さまざまなノウハウやテクニックがありますので、当校ではそれをスピーディーに習得する講座をご用意していますが、とにかく3Dのパースにする、という事であれば、小学生でもできてしまうのがすごいところです。

その3DインテリアデザイナーNeoシリーズは、「Neo」「Neo2」「Neo3」と進化し続け、2022年6月7日、最新版の 3DインテリアデザイナーNeo10が発表されました。

Neo3の発売が2015年なので、実に7年ぶりのバージョンアップとなりますから、それはもう素晴らしい新機能が盛りだくさんです。
そんなメーカーイチオシの機能紹介は、メガソフトの製品ページにお譲りして、当スクールでは、メーカーが言及していないけれど、インテリアやリフォームの仕事にあると絶対便利な、Neo3にはなくてNeo10にある機能をご紹介したいと思います。

ということで、その第一弾。(第二弾以降があるかどうかは分かりませんが、、、)

それは、パーツの反転機能です。

この機能、 最上位製品の3Dアーキデザイナーで実現していたものですが、今回のバージョンアップで 3DインテリアデザイナーNeo 10にも搭載されました。

元々は、 3Dアーキデザイナーがマンションなどの高層建築物作成をセールスポイントにしていたため、反転間取りを簡単に作れるようにと導入された機能です。

マンションの間取りは、隣同士が反転間取りになっていることが多いので、一つの間取りを作って、それを反転コピーすれば、あっという間にマンションワンフロア分が作れてしまうという便利な機能。

マンションのワンフロアの間取り
【マンションの一部屋の間取りを作成すると、、、】
【反転コピーで間取りも設備機器も家具も反転して複製できる】
【反転コピーで間取りも設備機器も家具も反転して複製できる】

インテリアコーディネーターさんもマンションの提案をすることは多いですから、この反転コピーは作業の効率化にめちゃくちゃ寄与します。

そして、この反転コピー、間取りだけでなく、パーツの反転もできるのです。

例えば、このTOTOのトイレ用手すり。

【収録されている3Dパーツは右側用だけ】
【収録されている3Dパーツは右側用だけ】

3Dパーツとして収録されているのは右側につけるタイプだけなのですが、お客様が左利きだったりすれば、左側に付けたいという要望が出てきます。

そんな時、反転コピー機能を使えば、左側用手すりがすぐにできるので、リフォームプランナーさんにも絶対に役立つ機能です。

【手すりパーツを反転させれば左利き用としてすぐに利用できる】
【手すりパーツを反転させれば左利き用としてすぐに利用できる】

Neo3以前のユーザーでNeo10へのバージョンアップを迷っている方で、

「この反転コピー機能は仕事に必須!」


と感じる方がどれだけいらっしゃるかは分かりませんが、バージョンアップ検討の参考になれば嬉しいです。

こんな細やかな配慮をお客様にしっかりと伝えるには、プレゼンテーションのスキルアップも重要です。

伝わるプレゼンテーションノウハウが学べる無料セミナー

「元トップセールス直伝!!高単価プレゼンテーション術」

2022年6月29日開催!

録画動画受講もできます

先着100名様限定ですので、お早めにこちらからお申し込みください!

Collaborationseminar

3Dデザイナーズスクールでは、3Dマイホームデザイナーシリーズの講座を開講しております。
これから買うのだけれど、どのソフトがいいの?
買ったらすぐに使えるようになりたい!
そんなご要望にお応えする講座を取り揃えております!

3DマイホームデザイナーPRO活用講座

関連記事

今月の無料セミナー

Collaborationseminar

プレゼント付き公式メルマガ

ポートフォリオWebの作り方プレゼント
ページ上部へ戻る