ブログ

iPadでスピーディーにプレゼンボードを作成することの意義 ~GoodNote5を使う~【LINE友だち限定公開中】

iPadでスピーディーにプレゼンボードを作成することの意義 ~GoodNote5を使う~

お客様にインテリア提案を行うためのツールとして、プレゼンボードはもっともオーソドックスなものです。

かつては、手描きパース、カタログからの切り張り、実物サンプルの貼付など、工夫を凝らしながらプレゼンボードを作成したものですが、今はパソコンを使って、写真や製品説明のテキストなどを取り込み、パースは3Dソフトで作ったり、手描きのものはスキャナで読み込んで取り込んだりできるようになりました。

パソコンでレイアウトをすれば、仕上がりもきれいですし、修正も簡単ですから、効率よくプレゼンボードが作成できます。
ただ、すべてデジタルで構成されたプレゼンボードは、どこか冷たい、血の通わない印象になりがちなことも事実。
そこで、これからのインテリア提案におススメしたいのが、デジタルとアナログが融合したプレゼンボードです。
冒頭の画像は、そのサンプル。
これを実現するのが、iPadなのです。

このプレゼンボードの作成に使ったのは、iPad ProとApple Pencil、そしてGoodNote5というノートアプリです。
提案パースは、3Dソフト「3DマイホームデザイナーPRO」で作成しました。

GoodNote5は、新規ノートを作成するときに用紙サイズを選べます。
プレゼンボードを作るのであれば、A3横サイズがちょうどよいでしょう。

用紙サイズ

画像の取り込みは、iPadの写真アプリからはもちろん、ファイルアプリを使ってiCloud DriveやDropboxから取り込むこともできます。

ファイルアプリからも取り込める

さらに、iPadのマルチタスク機能「SplitView」を使えば、Webページからドラッグアンドドロップで取り込むこともできます。
スガツネ工業様のロールペーパーホルダーの情報は、同社のWebページからお借りして、GoodNote5に取り込んだものです。

ロールペーパーホルダー PXB-AS07-111型 【スガツネ工業】LAMP印の機能&デザイン金物メーカー

同様にしてリリカラ様の壁紙情報も、同社のWebページから取り込みました。

これらはデジタル情報ですが、ここにApple Pencilで手描きのラインや文字を書き加えるだけで、プレゼンボードに暖か味が加わります。

手書きの線を加える

さらに、壁面装飾の提案としてボタニカルフレームを紹介する手描きイラストを加えると、暖か味がグッとまします。

ボタニカルフレームのイラスト

GoodNote5を使えば、こんなイラスを書くのにも絵心は不要です。

実は、このイラストは、Webページからこんな写真をGoodNote5に貼り付けて、その上から手描きでラインや色を書き込んだものです。

お部屋にくつろぎ感をプラス!消臭・防汚・抗菌作用のあるおしゃれなボタニカルインテリア!

GoodNote5では、読みこんだ画像とペンで手描きしたものは、別のデータとして扱えるので、写真を下絵のように扱うことで、こんなイラストをカンタンに描くことができます。

あえて、本当の商品写真ではなく、イラストで見せることで、お客様にボタニカルフレームの想像の幅を広げてもらうことができるのです。

Apple Pencilを使うことで、デジタルとアナログの融合したプレゼンボードを作成できるのがiPadの強みですが、こうして作ったプレゼンボードをiPadの画面を見てもらいながら打ち合わせし、さらにお客様の要望をプレゼンボードにどんどんと描きこんでいけるのはiPadならではのプレゼンです。

プレゼンボードの作成のための手軽なツールとして、iPadとApple Pencil、そしてGoodNote5の組み合わせは最強です。

3Dデザイナーズスクール公式LINEでは、毎週月曜日にiPadや3Dパースのノウハウ情報を配信しています。
最新情報を手軽にゲットしたい方は、ぜひ友だち登録をお願いします。
ご登録は下記の「友達追加」ボタンで簡単にできます。

LINE友だち追加

関連記事

今月の無料セミナー

Collaborationseminar

プレゼント付き公式メルマガ

ポートフォリオWebの作り方プレゼント
ページ上部へ戻る