ブログ

Facebook社がMeta社に社名変更しメタバースに注力、インテリアの世界もうかうかしてはいられない?!

Facebook horizon

Facebook社は10月28日に開催されたオンラインカンファレンス「Connect 2021」で、社名を「Meta」に変更すると発表しました。
そして、メタバースに注力していくのだとか。
一見、インテリア業界とはなんのかかわりもない話のように聞こえますが、実はそうでもないんです。

まずは、メタバースって何?という方へ。
メタバースというのは、ざっくりいうとインターネット上の仮想世界のこと。
一般的なイメージとしては、3DCGで作られた仮想の空間に複数の人が同時に集まって、コミュニケーションをする、という感じです。
活用例としては、
・オンライン会議
・ネットゲーム

などがすでに利用されています。

オンライン会議では、Zoomのようなテレビ会議から一歩進んで、自分の分身である「アバター」というキャラクタが3D空間内に集って、3Dのホワイトボードなどを使って、まるで会議室にいるような感覚でミーティングできます。

ネットゲームでは、3D空間を自由に移動しながら、ネットを通じて参加している別のゲーマーと協力したり戦ったりできます。

このメタバースにVRゴーグルで入ることで、よりリアルな仮想世界体験を実現していこう、とうのがMeta社(旧Facebook社)の目論見です。
※Meta社はOculusというVRゴーグルを販売しています。

さて、ここまで読んでいただいても、

「で?それのどこがインテリア業界と関係あるの?」

と思われたでしょう。

はい、いますぐには、特に関係ないかもしれません。
でも、数年後はどうでしょう?

たとえば仮想空間のインテリアコーディネートをする、という全く新しいビジネスが生まれている可能性があります。
家に人を招くように、ネットを通じて自分の仮想空間に人を招く時代が近づいています。
家のインテリアをコーディネートするように、仮想空間のインテリアコーディネートをするサービス。
それって、夢があると思いませんか。

【バルコニー側から玄関方向を見る】

そんな夢物語の話か、と思わないでください。

スマホがインターネットの世界をすべての世代にもたらしたように、これからの世代はVRゴーグルやARメガネを使って、日常的に現実とメタバースの世界を行き来するようになるでしょう。

そんな世界を普通に体験してきた世代がインテリアや建築のお客様になっていくのですから、インテリアコーディネートや建築のプレゼンも、3DやVRを使ったものが当たり前となるでしょう。
ご存じの通り、3Dパースはそんなに珍しいものではなくなっていますし、VRを使った建築プレゼンテーションもメガソフト社のVRソリューションを始め、ローコストで導入できるシステムが出てきています。

【メガソフトVRソリューション】
【メガソフトVRソリューション】

全世界をターゲットにしているFacebook社が、Meta社となってメタバースに注力するということは、前述したことが必ずしも夢物語、とは言えなくなってきたということでもあります。

ンテリアやリフォームの業界にITテクノロジーはますます必須です、という時代になりつつあるわけです。

Facebook社の社名変更のニュースは、3Dデザイナーズスクールがインテリアコーディネーター、リフォームプランナーのIT活用をサポートすることは、天命である、と確信させてくれました。

インテリアコーディネーターのためのIT活用講座の一覧はこちらからどうぞ。

講座についてのリクエストも受け付けております。

ご要望は、公式LINEに友達登録の上、トークでご連絡ください

公式LINEのご登録は下記の「友達追加」ボタンで簡単にできます。

友だち追加

電子メールでのご連絡、お問い合わせは info@tenshinojikan.jp からお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE友だち登録

LINE友だち登録

メールマガジン

メルマガ登録
ページ上部へ戻る