ブログ

  1. 理容院のサインポール

    理容院のサインポールをマイホームデザイナーの形状作成で作りました

    シンコールさんのWebサイトにある施工事例を参考に、おしゃれな理容院のパースを作ってみたのですが、理容院の施工事例なので、あの赤と青のクルクル、サインポストが施工写真の奥の方に写っていました。あれがないと、やっぱり理容院にはなりませんよね。

    続きを読む
  2. シンコールの壁紙リピート画像を使って3Dマイホームデザイナーで作成したおしゃれな理容院のパース

    3Dマイホームデザイナーに貼るテクスチャーとして使える画像は、メーカーサイトからダウンロードできます ~シンコール編~

    3Dマイホームデザイナーで作成する建物の壁や床をリアルに表現する素材。それが「テクスチャー」です。

    続きを読む
  3. Urbanbase Studio

    「3Dインテリア シミュレーション サービス」というニュースリリースを見つけました

    ネットサーフィンをしておりまして、「3Dインテリア シミュレーション サービス」という情報を見つけました。URBANBASE株式会社という企業の、インテリアメーカ向けの3Dシミュレーションサービスです。

    続きを読む
  4. オリジナルパノラマ背景を設定したパース

    アーキデザイナーにパノラマ背景機能が追加されましたが、マイホームデザイナーシリーズでオリジナルパノラマ背景を使うには?

    3Dデザイナーシリーズには、パースに背景をつける機能があります。建築予定地を写真撮影して、それを背景に使えば、より具体的な提案パースが作れます。ですが、通常の背景の場合、視点を変えても背景は固定されたままになります。

    続きを読む
  5. 正式名称を覚えましょう

    正式名称を覚えておくと、テクニカルサポートをスムーズに受けられます!

    3Dマイホームデザイナーシリーズを購入した人は、操作テクニックを独学で勉強される方が多いです。3Dマイホームデザイナーシリーズは、誰もが分かりやすい操作方法を目指して開発されたものなので、独習のしやすいソフトだといえます。

    続きを読む
  6. 3D-CADのための立体把握トレーニング

    3D-CADを扱えるようになるには脳内を3D化する必要がある?

    3D-CADを扱えるようになるには脳内を3D化する必要があるのかな?と思いまして、アマゾンの電子書籍で「3D-CADのための立体把握トレーニング:脳内3D化」という本を読んでみました。まず、最初に自分の脳がどれぐらい3D化能力があるのかを診断するテストがあります。

    続きを読む
  7. 3Dデザイナーズスクール開校によせて

    2020年9月1日、3Dマイホームデザイナーシリーズユーザーのための専門スクール、3Dデザイナーズスクールを開校いたしました。思い返せば、5年越しの構想でした。3Dマイホームデザイナーシリーズのメーカー広報として、たくさんのユーザーの方にお会いしてきました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る