ブログ

iPhoneで切り抜き画像を簡単に作るアプリ「Scratch Photos」

盆栽の切り抜き写真

3Dマイホームデザイナーは、手早く簡単に建築3Dパースを作成できるソフトです。
あらかじめ、たくさんの家具や照明器具などの素材が入っているので、それを選んで配置するだけで、建築3Dモデルを作成できるのがよいところ。
でも、使いたい素材がすべてそろっているわけではありません。
そんなとき、使いたい素材が映っている写真素材から、素材だけを切り抜いて、パースに貼り付けるという画像加工で対応することも一つの方法です。
そういった画像加工にはAdobe photoshopという万能ソフトを使うのが一般的ですが、みなさんがお使いのiPhoneで、作っと画像を切り抜けるアプリを見つけたので、ご紹介いたします。

今回、見つけたアプリは「Scratch Photos」という無料のもの。

Scratch Photos
【Scratch Photos】

このアプリ、AI技術を使って全自動で画像を切り抜いてくれるのです。
冒頭の画像、実は元画像はこんな写真です。

盆栽の元写真

この写真をScratch Photosに読み込ませると、ほんの十数秒でAIが画像内を解析して

盆栽の切り抜き写真

このように切り抜いてくれるのです。

AIをうたっているだけに、次の写真のようないろんな要素が映っているものでも、

鉢植えの元写真

このようにテーブルの上の鉢植えだけを切り抜いてくれます。

鉢植えの切り抜き写真

AIといえども万能ではないので、たとえばこの写真を読み込ませると

サボテンとじょうろの写真

こんな風に想定外のものまで切り抜いてしまいます。

じょうろも切り抜いてしまう

でもそんなときは、写真をあらかじめトリミングして、このような状態にしてから

トリミングしたサボテン

Scratch Photosに読み込ませると

切り抜かれたサボテン

このようにサボテンだけの切り抜き画像が一瞬でできあがります。
切り抜いた画像はiPhoneの「写真」に透明設定を持ったPNG形式で保存できます。これを「ペイント」ソフトなどで貼り付ければ、とりあえずphotoshopを持っていなくても、ちょっとした画像加工は可能です。

切り抜いた画像を写真と合成

ただ、「ペイント」ソフトで貼り付けただけですと、いかにも貼り付けた、という感じになってしまうので、あまり目立つ箇所には使えません。
貼り付ける切り抜き写真と、元のパース画像を自然になじませて違和感ないパースに仕上げるには、やっぱりAdobe phothoshopが重宝します。
3Dデザイナーズスクールでは、リアルなインテリアパース作成のためのphotoshop講座を準備中ですので、どうぞご期待ください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る