ブログ

バックアップ(自動保存)データの場所

3Dデザイナーシリーズを使っていて、突然ソフトが強制終了してしまった、ということがありますよね。
そんな時に限って保存していなかった、というのはよくあることです。
3Dデザイナーシリーズには、自動保存機能があり、最大5つのデータが自動保存されています。
このファイルで、少し前のデータから作業を再開することができます。
自動保存されているデータの場所は、ソフトによって名称が違いますので、下記を参考に探してみてください。
https://www.megasoft.co.jp/support/3d/325/
ちなみに、自動保存する間隔は設定で変更することができます。
初期設定では10分間隔になっています。
この間隔を短くすれば、直前の編集状態まで戻れますが、自動保存データは5個までで、どんどん上書きされていきますので、あまり短くするといろんな弊害がでてきます。
たとえば、1分間隔に設定すると、1分毎に保存が行われるため、そのたびにソフトの動作が遅くなります。
また、最大で5分前のデータにしか戻れないので、30分前の作業状態まで戻りたい、といった場合に対応できなくなります。
ご自身の作業スタイルに合わせて、自動保存の間隔は設定してください。
自動保存の間隔は間取り画面の[設定]メニュー-[保存設定]で変更できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る